デンマーク語のすすめ

山中典夫(北欧留学情報センター代表)

私がデンマークを始めたのは、本当に偶然。大学へ入って、志して学び始めたわけではありません。現地の体操学校たまたま留学することになり、そして必要に迫られて覚えていったのです。初めはほんとうにちんぷんかんぷんでした。でも、3ヶ月をすぎた頃、だいぶ耳慣れてきました。いったん留学を終え、帰国しましたがデンマーク語を本格的に覚えたいと思い、語学学校に留学しました。ここで体系的に学び、自分のデンマーク語は飛躍的に整いました。そしてデンマーク語の表現や音にも興味が湧くようになりました。なによりもデンマーク語でデンマーク人と話がしたいと強く思うようになりました。

私はアンデルセンが大好きですが、デンマーク語で読むまで彼の童話の意味がわかりませんでした。しかし先生の指導を受けながら彼の童話を読み進むと、デンマーク語とデンマーク語音つかったユーモアが随所にちりばめられていることがわかりました。そう、アンデルセンはデンマーク語でトコトン遊んでいるのです。

ということで、私がデンマーク語学習を進める理由は二つ

  1. デンマーク人とデンマーク語で話せる。英語では彼らの本性がわからない
  2. アンデルセン童話を10倍楽しめる。アンデルセン童話は落語だ。

そういうことで、私はデンマーク語の学習をおすすめしたいと思います。