スウェーデン映画『エヴァとステファンのすてきな家族』

スウェーデン人の半分が観たという映画

出演 : エンマ・サミュエルソン/サム・ケッセル/リーサ・リンドグレン
監督 : ルーカス・ムーディソン http://www.bitters.co.jp/moodysson/index.html
配給元 : ビターズエンド


「ショー・ミー・ラヴ」でデビューした、スウェーデンを代表する若手映画監督の一人、ルーカス・ムーディソンの第二作。前作と同様、本作品でもムーディソン本人が監督・脚本ともに担当している。この映画、スウェーデンで2000年の観客動員数トップに輝いた大ヒット作である。ちなみにスウェーデンも日本と同様、アメリカ映画が幅をきかせていて、スウェーデン映画がトップになることは珍しい。

舞台は1975年のストックホルム。黄色い外壁の、スウェーデンならごく普通にみられる民家である。家は普通でも中に住んでいる人たちはちょっと違う。近所の住人たちともなんとなくしっくりいっていないようだ。ヒッピーたちのコミューンだからである。原タイトルのTillsammans(英語だとtogether)は、このコミューンの呼び名である。

この年の11月20日早朝、スペインの独裁者フランコ将軍が死んだ。そのラジオのニュース速報とともに映画は始まる。原稿書きでもしていたのか、徹夜明けの住人の一人、ヨーランがそれを聞き、「フランコが死んだぞ!」とみんなにふれてまわる。住んでいるのは何より自由と平和を愛する人々だから、みんなもう大喜びである。そんな中やってくるのがヨーランの妹、エリザベートと子どもたち、エヴァとステファン。エリザベートは酒乱の夫、ラルフに殴られ、家を出てきたのであった。物語は、このちょっと変わった大人たちの共同体に、いきなり放り込まれたエヴァとステファン、そして母親のエリザベートを中心に展開していく。

ここに住む彼らはヒッピーとはいうものの、決して独善的であったり不道徳な人たちではない。まして過激な考え方なり、行動をするようなことはない。でもなんというか、カタブツ的なところは相当あって、その辺の行動なり会話なりが傍でみていると面白いのだ。たとえば「長くつ下のピッピ」がやり玉にあがるシーンがある。「ピッピは資本家で、おまけに物質主義者じゃないか!」というのである。ピッピは我々の敵であると大まじめで批判しているのだが、まじめな分だけ笑ってしまう。こういった会話のおかしさ、つまり脚本のうまさもこの映画のみどころ。日本人でもけっこうおかしいのだから、スウェーデン人には大受けという場面がたくさんあるに違いない。

そんな議論のたえない家だから、耐えられないとなると出ていってしまう人もいる。一方で子どもたちはといえば、最初のうちこそこの奇妙な共同体にとけこめず、父親が恋しかったりもする。しかしそのうちエヴァは隣家の一人息子、フリドリックと仲良くなり、ステファンもこの家の住人の子どものテト(もちろん、ベトナム戦争の激戦地の地名にちなんで名づけられた)と友だちになって一緒に遊ぶようになるのであった。

そして季節が移り雪が降る。そこにラルフがエリザベートを訪ねてくるが、二人の関係はどうなるのだろうか? 家族はもとに戻るのだろうか? 結末は映画をみてのお楽しみ、ということにしておきたい。ただ、この映画の監督のルーカス・ムーディソン自身は両親の離婚を経験しているという。そのことで子供心につらい経験もあったに違いない。そういったところからの思い、願いが、映画の最後にこめられているのではないだろうか。たいへんに印象的なラストシーンである。

この作品、ぶつかりあいながらも一緒に生活する、共同体の人々の悲喜交々をみているうち、心が温かくなってくるようないい映画である。テーマ曲はスウェーデンが生んだポップスター、アバがうたうSOSで、他にも当時のポップスが随所にちりばめられ、それもみどころ(ききどころ?)だろう。

なお本作品の後、ムーディソンは、旧ソビエトの貧しい少女を主人公にした“Lilja 4 ever”を製作、スウェーデンをはじめすでに多くの国々で公開されている。こちらの作品は本作とはうってかわって、手持ちカメラを多用した、いかにも今風の映画であるが、内容は本作同様(あるいはそれ以上に)、いろいろなことを考えさせられる秀作である。彼はいまスウェーデンで最新作の製作中とも聞くが、これらの作品も早く日本で公開してほしいものだ。