北欧映画の紹介―ビネバル出版/北欧留学情報センター

bindeballe ビネバル出版/北欧留学情報センター

デンマーク語・スウェーデン語・ノルウェー語・フィンランド語・北欧留学
北欧関連図書出版・北欧各国語翻訳者/通訳者紹介・双子三つ子の図書出版

10レッスン58,000円〜
プライベートレッスンのご案内

通学できない人のための
レッスンスタイル Free Move Lesson

通信講座「スウェーデン語超入門」(31500円)のご案内 イベント・お知らせ

 北欧の広場 > 北欧映画の紹介

[エヴァとステファンのすてきな家族] [フォーリンフィールズ] [太陽の誘い]

スウェーデン人の半分が観たという映画
『エヴァとステファンのすてきな家族

「ショー・ミー・ラヴ」でデビューした、スウェーデンを代表する若手映画監督の一人、ルーカス・ムーディソンの第二作。前作と同様、本作品でもムーディソン本人が監督・脚本ともに担当している。この映画、スウェーデンで2000年の観客動員数トップに輝いた大ヒット作である。ちなみにスウェーデンも日本と同様、アメリカ映画が幅をきかせていて、スウェーデン映画がトップになることは珍しい。

舞台は1975年のストックホルム。黄色い外壁の、スウェーデンならごく普通にみられる民家である。家は普通でも中に住んでいる人たちはちょっと違う。近所の住人たちともなんとなくしっくりいっていないようだ。ヒッピーたちのコミューンだからである。原タイトルのTillsammans(英語だとtogether)は、このコミューンの呼び名である。

この年の11月20日早朝、スペインの独裁者フランコ将軍が死んだ。そのラジオのニュース速報とともに映画は始まる。原稿書きでもしていたのか、徹夜明けの住人の一人、ヨーランがそれを聞き、「フランコが死んだぞ!」とみんなにふれてまわる。住んでいるのは何より自由と平和を愛する人々だから、みんなもう大喜びである。そんな中やってくるのがヨーランの妹、エリザベートと子どもたち、エヴァとステファン。エリザベートは酒乱の夫、ラルフに殴られ、家を出てきたのであった。物語は、このちょっと変わった大人たちの共同体に、いきなり放り込まれたエヴァとステファン、そして母親のエリザベートを中心に展開していく。

ここに住む彼らはヒッピーとはいうものの、決して独善的であったり不道徳な人たちではない。まして過激な考え方なり、行動をするようなことはない。でもなんというか、カタブツ的なところは相当あって、その辺の行動なり会話なりが傍でみていると面白いのだ。たとえば「長くつ下のピッピ」がやり玉にあがるシーンがある。「ピッピは資本家で、おまけに物質主義者じゃないか!」というのである。ピッピは我々の敵であると大まじめで批判しているのだが、まじめな分だけ笑ってしまう。こういった会話のおかしさ、つまり脚本のうまさもこの映画のみどころ。日本人でもけっこうおかしいのだから、スウェーデン人には大受けという場面がたくさんあるに違いない。

そんな議論のたえない家だから、耐えられないとなると出ていってしまう人もいる。一方で子どもたちはといえば、最初のうちこそこの奇妙な共同体にとけこめず、父親が恋しかったりもする。しかしそのうちエヴァは隣家の一人息子、フリドリックと仲良くなり、ステファンもこの家の住人の子どものテト(もちろん、ベトナム戦争の激戦地の地名にちなんで名づけられた)と友だちになって一緒に遊ぶようになるのであった。

そして季節が移り雪が降る。そこにラルフがエリザベートを訪ねてくるが、二人の関係はどうなるのだろうか? 家族はもとに戻るのだろうか? 結末は映画をみてのお楽しみ、ということにしておきたい。ただ、この映画の監督のルーカス・ムーディソン自身は両親の離婚を経験しているという。そのことで子供心につらい経験もあったに違いない。そういったところからの思い、願いが、映画の最後にこめられているのではないだろうか。たいへんに印象的なラストシーンである。

この作品、ぶつかりあいながらも一緒に生活する、共同体の人々の悲喜交々をみているうち、心が温かくなってくるようないい映画である。テーマ曲はスウェーデンが生んだポップスター、アバがうたうSOSで、他にも当時のポップスが随所にちりばめられ、それもみどころ(ききどころ?)だろう。

なお本作品の後、ムーディソンは、旧ソビエトの貧しい少女を主人公にした“Lilja 4 ever”を製作、スウェーデンをはじめすでに多くの国々で公開されている。こちらの作品は本作とはうってかわって、手持ちカメラを多用した、いかにも今風の映画であるが、内容は本作同様(あるいはそれ以上に)、いろいろなことを考えさせられる秀作である。彼はいまスウェーデンで最新作の製作中とも聞くが、これらの作品も早く日本で公開してほしいものだ。

出演 : エンマ・サミュエルソン/サム・ケッセル/リーサ・リンドグレン
監督 : ルーカス・ムーディソン http://www.bitters.co.jp/moodysson/index.html
配給元 : ビターズエンド


デンマーク映画 『フォーリンフィールズ

若いデンマーク人兵士ヤコブは、国連部隊のPKOでボスニア行きを命ぜられる。射撃の腕はすこぶるよかったが、実際の戦地では小競り合いにもかかわらずビビってしまい、ホルト軍曹に窮地を救われる。

休暇のある日、ヤコブはホルトから同行を誘われる。ついてゆくと、それは戦争とは関係のない「セルビアン人狩りツアー」のガイドであった。雇い兵として様々な戦地をくくり抜けてきた、戦争屋ホルトのブラックビジネスだった。アメリカ人、スウェーデン人、ドイツ人、そしてデンマーク人は、それぞれの思いでこのツアー関わり、のどかな農家を襲うのだった。アメリカ人は鼻歌交じりにスウェーデン人はテレビゲームをするようにドイツ人はためらいながら、引き金を引くのだった。しかしゲリラに帰還用ヘリを爆破されて、5人は戦場を迷走し疑心暗鬼に陥る。スウェーデン人は「人を殺してみたのに、なにもかわらない」とつぶやいたとたん、被弾して死亡。アメリカ人はこのツアーの脱退を決断したヤコブに殺される。感覚を麻痺させられない新兵ヤコブは、実はジャーナリストだったドイツ人女性を救うべくホルトから逃げる。しかし口封じを試みるホルトは、二人を追った。

女性はホルトに撃たれ、ホルトはセルビア人少年の背後から放った憎しみのこもった銃弾であっさりと打ち抜かれる。死んだホルトの胸のペンダントには、家族と思われる写真があった。ヤコブは軍法会議で兵役を解かれ「敵軍と交戦のすえ、軍曹は死亡、自らは負傷」の報告を否応なく認めさせられるのだった。

戦場は、人から確実に人間性を奪う。人間的感覚を麻痺させなければ生き残れないのだ。だから新兵はすみやかに人間性をなくしてゆくために、先輩兵士からあらっぽい経験をさせられる羽目になった。その経験を踏み越えられなければ、戦場を去るか殺されるしかないのだ。

ひたすら死を生産する戦争が起きる理由は、誰もわからない。この映画はセルビア人を悪者にしたたて行われた戦争へのアンチテーゼであり、同時に戦争の底無しのむなしさを描いたものだ。それらのメッセージを監督はセリフでなく、きわめてリアリティに満ちた映像と音で突きつけてくる。のどかな時間が一瞬にして銃弾に引き裂かれる場面を繰り返し、見るものをライブ感覚に満ちた戦場にひきずりこんゆく。そしてヤコブが繰り返す生と死をわける決断は、私たちを傍観者でいることを許してくれない。

「おまえならどうする?おまえならどうするんだ」。

人間性を失う寸前で戦場を離れたヤコブが、ボスニアでの体験をどのように克服するのか。それがこの映画をみた者の宿題だと思う。

それでは、戦場へどうぞ。

主演 : 1985年のデンマーク映画『ペレ』で主役を演じたペレ・へウネゴー
監督 : オーエ・ロイス


スウェーデン映画 『太陽の誘い』

失意の女性を救った不器用な男の愛と祖国スウェーデンのきらめく夏

誰しも、生きていて自らのアイデンティティに揺らぎを覚えることは一度や二度ではないと思う。自分が足下から消え入ってしまいそうな不安を覚えるのだ。そんな自分を早く取り戻すための特効薬は、立ち止まり、少し休んで自分の心の動きと足下をしばしの間見つめることだと思う。そしてできることなら惨めになっている自分よく理解してくれて、そっと見守ってくれる「愛」があれば、独立心をとり戻すのにそう時間はかからないだろう。

「太陽の誘い」は1950年代の夏のスウェーデンを舞台に、失意の渦中にいる中年女性と女性経験が全くない木訥な男が出会い新しい人生に踏み出すまでを描いた恋愛映画の佳作である。

貧しく、アメリカへ向かう人が絶えなかった1950年代のスウェーデン。過疎の村で馬の育成で生計を立てながら暮らすオロフは、40歳。独身である。母を亡くして以来一人暮らしをしてきたが、寂しさに耐えかねて伴侶を探す決心をする。しかしド田舎に適当な女性がいるはずもなく、新聞に恋人募集の広告を出す。「当方、独り身の三九歳、農夫。高級車あります。家政婦として私を手伝ってくれませんか」。

オロフには友達がいた。お調子者のエリック。20代後半のアメリカ帰りの男である。アメリカン・ドリームを夢見て、一度はスウェーデンを捨てたものの、成功せずド田舎でくすぶっている。オロフが字を読めないことや人の好さににつけ込み、買い物などの世話を焼く振りをしてはオロフの金をチョロまかしている。競馬馬の購入資金をオロフに出させオーナーになって一山当てようしているが上手くいかず、オロフに返済を迫られてる。 恋人募集には二通の応募があった。その一通が、エレン・リントという女性だった。同封された写真で見る限り、おおよそ田舎暮らしの似合わない、かなりの美人だ。オロフは半信半疑だったが、新聞社の募集欄担当の女性の薦めもあってエレンを「家政婦」に雇おうことを決める。

実際会ってみると、エレンは思った以上のエレガンスで、かつよく働く。しかしどこかしら陰がある。エレンの一目惚れしたオロフは、彼女の素性についてはいっさい聞かずに家に招き入れる。自分が文盲であることだけは、隠して。

エレンの仕事ぶりは非の打ち所がなかった。その上成熟した女性の魅力を振りまく。女性の香りがオロフの家に初めて満ちあふれる。その香りに圧倒され、しばしばオロフは眠れない夜を過ごす。女性とどう話していいかもわからないオロフのエレンへの接し方はどこまでもぎこちない。しかしエレンは、社交下手なオロフをよく理解した。スウェーデンの夏の太陽の下で、二人は激しく引かれあってゆくのだった。

二人が肉体の通じての愛情交歓をはじめるのにさして時間はかからなかった。男は40年間たまった愛情のエネルギーを全て放出するかのように、女は何かを忘れようとするかのように互いの体を、所構わず、貪りあった。情交を重ねるたびに愛は深まり、男は自信を取り戻し女は本来の笑顔を取り戻して行く。

面白くないのはエリックである。しっかりものの「家政婦」が来たことで金蔓を絶たれ、エレンにまでオロフへの返済が滞ってこっていることをたしなめられてしまった。追いつめられたエリックは卑劣な反撃に出る。エレンの過去を調べ上げ、彼女にはれっきとした夫がいることを突き止め、それをネタにエレンを脅すのである。

隠し事を暴露されてしまったエレンは、すぐさま置き手紙をしてオロフの家を出る。エリックはエレンの置き手紙をオロフに読み聞かせるが、「エリックが返済した馬の代金を私は盗んだ」と書いてある、とウソをいう。それを聞いたオロフはエリックに言う。「字は読めないが、オレはバカじゃない」、と。自分のウソがばれたと悟ったエリックは、突如として「アメリカに行く」といいだし、村を去る。夏が去り、オロフに孤独な日常が戻った。

秋が過ぎ冬になった頃、オロフが馬の世話を終えて家路を歩いていると、高級な車から降りた、やややつれたエレンが立っていた。

オロフは胸にいつもしまってあった、エレンの置き手紙を差し出す。
「最後になんてかいているか読んでくれ」
「あなたを永遠に愛しています」

中年の男女があやふやな気持ち抱きながらも、愛する対象に近づきそして真実の愛を獲得し、実人生への自信を取り戻してゆくまでが、美しい自然を背景に語られている。心に残る映画だ。役者が驚くほど上手くて、緊張感があって目が離せない。「手紙」が効果的に使われているストーリー展開が実にいい。

ところで登場を人物をよく監察すると、この映画は単なる恋愛映画にとどまっていないことがわかる。1950年代のスウェーデンというのは貧しくて、アメリカでの生活と成功を夢見て、祖国を出る人があとを立たなかった。だから映画に登場するエリックもエレンも、アメリカに渡ったスウェーデン人の一人だったに違いない。そしてエリックはアメリカ文化ににスポイルされ、もはやスウェーデン人としての立ち振る舞いができなくなっている。50年代アメリカのビジネスマンが北欧にやってきて、ヨーロッパの田舎者である北欧人をよくだましたときく。エリックはアメリカ文化のシンボルであり、またスウェーデン魂を忘れたスウェーデン人として描かれている。

エレンもアメリカに渡り、かなりの成功を収めたものの、アメリカ暮らしが水に合わず着の身着のまま夫と別れてスウェーデンのど田舎にやってきた、というところだろう。自分を見失った状況にだった。彼女はど田舎でスウェーデン人の典型のような男、オロフに出会う。そして自分がまぎれもないスウェーデン人であることを強く再確認し、オロフとの交流を通じて再生して行くのである。

当時アメリカは、経済力にものを言わせて我が世の春を謳歌していた。反対にヨーロッパの片田舎、スウェーデンは経済力も乏しく国の行く末は見えず、自信をなくし掛けていた。
「自分に自信がないのね」エレンが何度かかオロフに向かっていうセリフは、当時のスウェーデンの事をいっているのだ。

20年以上手入れをしていない雨漏りの納屋で、エレンがオロフをあれほど激しく求めたのは、アメリカ暮らしでアイデンティティ失いかけていたエレンが、「自分の居場所はここだ」と確信したに他ならない。違和感なく田舎暮らしにとけ込んだところを見ると、彼女も実は農民の出であったのかもしれない。そして一度はオロフにもとを離れたものの、身も心もスウェーデン人に戻ったエレンは、人生の苦難を味わって男になったオロフのもとに戻ってくる。

ラストシーンでエレンが口にする「あなたを永遠に愛する」という言葉は、失意の底から自分を救ってくれたオロフ、そして祖国「スウェーデン」への永遠の愛の誓いだったのだ。「太陽の誘い」は上質の恋愛映画であると同時に、スウェーデンとスウェーデン人に対するオマージュなのである。 (遙 ゆう)

監督・脚本 : コリン・ナトリー
出演 : ロルフ・ラスゴー、ヘレーナ・ペリストレム
スウェーデン映画 : 118分
写真提供 : アルシネテラン

【Top】

会社案内&地図

メールマガジン

bindeballeをフォローしましょう

小社刊行物ご案内