フィンランド語探偵ハンナ 第20回

Päivää(パイヴァー)!こんにちは!

フィンランド語で4月はhuhtikuu(フフティクー)と言うの。kuuは「月」という意味で、huhtiはhuhta「焼畑」という語が由来よ。
以前、フィンランドではこの時期に焼畑を行ない、土地を開墾して農業をする風習があったの。
人々の生活に直結している月名は他にもあるのよ。

さて、今日もフィンランド語の謎を解明しなくちゃ。
ハンナならどんな難題も解決できるんだから!

20回目の依頼人は、初登場のチエミさん。
フィンランドに住んでいたことがあるそうよ。

 

🔎Case #20『前につくか、後ろにつくか』

ハンナ:こんにちは、はじめまして。

チエミ:こんにちは、チエミと言います。私、夫の仕事の関係で、2年ほどヘルシンキに住んでいたことがあるんです。

ハンナ:あら、そうですか!じゃあ、フィンランド語も話せるんですか?

チエミ:いいえ、向こうではほとんど英語を使っていたので、あまり・・・でも、フィンランド語に興味はあって、帰国してからも家事やパートの合間を縫ってちょこちょこ勉強しています。子供がまだ小さいので、本当に少しの時間しか取れませんけど。

ハンナ:なるほど。でも、勉強を続けるのはいいことですね。さて、今日はどのようなご依頼ですか?

チエミ:最近、簡単なフィンランド語で書かれたニュースを読めるサイト*1を知って、ちょっとずつ読むようにしているんです。そこに、Pekka matkustaa ympäri Suomea.(ペッカ マトゥクスター ユンパリ スオメア)という文がありました。Pekkaは男性名、matkustaaは「旅行する」、Suomeaは「フィンランドを」、ここまでは合ってますよね?

ハンナ:はい、その通りです。

チエミ:ところが、3つ目の単語ympäriの意味がどうもしっくりこないんです。辞書で調べると「~の周り」という意味で、そのままこの文に当てはめると「ペッカはフィンランドの周りを旅行している」となります。ちょっと変ですよね?フィンランドの周りって、スウェーデンとかエストニアとかロシアとか?記事の文脈から考えても納得がいかなくて。ハンナさん、この謎が解けますか?

ハンナ:トタ、トタ*2・・・わかったわ!
謎を解くカギは「前につくympäri」よ!
チエミ:前につくympäri?どういう意味ですか?
ハンナ:チエミさん、ympäriは確かに「~の周り」という意味もあります。例えば、こんな時に使います。

Koira juoksee talon ympäri.(コイラ ユオクセー タロン ユンパリ)
犬   走る    家の  周り
「犬が家の周りを走っている。」

この文の場合、talon ympäriのように、ympäriは「家」という名詞の後にくっついて「~の周り」という意味を表します。日本語と単語の順番は同じですね。
しかし、ympäriは名詞の前にくっつくこともあるんです。その例が、チエミさんの教えてくれた文です。

Pekka matkustaa ympäri Suomea.(ペッカ マトゥクスター ユンパリ スオメア)
ペッカ  旅行する    ?    フィンランドを

この場合、ympäriは後ろの名詞Suomeaにくっついて「~中」という意味を表すんです。つまり「フィンランド中を」という意味。文全体の意味は「ペッカはフィンランド中を旅行している。」という意味だったんですよ。

チエミ:あー、確かにそうすればしっくりくるけど、へえ~、名詞の前に来るか後ろに来るかで意味が違うんですか!
ハンナ:こういう単語はそんなに多くありませんが、気づきにくいこともありますね。例えば英語で、around「~の周り」が名詞の前に来たり後ろに来たりして、意味も変わるってことはありえませんよね。フィンランド語の特色がここにも現れていると私は思います。
チエミ:そうですね。英語と似たようなところもあるのに、フィンランド語ってヘンテコな言葉(笑)。でもそこが面白いのよね。ニュースも根気よく読んでいくことにします。ハンナさん、ありがとうございました!

謎は解決!次はどんな依頼が舞い込んでくるかしら?次回もお楽しみに!

*1 フィンランドの国営放送Yleが公開しているSelkouutiset(セルコウーティセット)のこと(https://yle.fi/uutiset/osasto/selkouutiset/)
*2 トタ(tota):日本語の「えーっと」に当たる語tuota(トゥオタ)のくだけた発音

 

フィンランド語探偵ハンナ 第19回

Päivää(パイヴァー)!こんにちは!

フィンランドの冬は、雪が降るのはもちろん、日照時間も日本よりはるかに短いし、気温が氷点下という日も珍しくないの。ちなみにフィンランドでの歴代最低気温は1999年、ラップランドのKittilä(キッティラ)で記録された-51.5℃よ。歴代最高気温は、南東地域のLiperi(リペリ)で2010年に記録された37.2℃。その差は88.7℃もあるの!

さて、今日もフィンランド語の謎を解明しなくちゃ。ハンナならどんな難題も解決できるんだから!

 

 

🔎Case #19:『求めるものは奪うもの』

ハンナ:こんにちは、お久しぶりです。お元気でしたか?

ミチヨ:ええ。フィンランド語を始めてもう2年近くになるかしら。お隣のパイヴィさんとフィンランド語で会話できることがだいぶ増えました。

ハンナ:それは楽しいですね。今日はどのようなご依頼ですか?

ミチヨ:先日、パイヴィさんとおしゃべりしていた時のことなんですけど、パイヴィさんが「コーヒーメーカーを買いたいけれど、近所のお店にあるかしら」と言ったんです。そのお店はキッチン用品を扱っているけれど、少し規模が小さいところだから。幸い私はお店の電話番号を知っていたので、その時に電話してあげようとしたんです。「私が店員さんに聞いてみるわ」と言うつもりで、Kysyn myyjälle.(キュシュン ミューヤッレ)とフィンランド語で言いました。

するとパイヴィさんは、Minä kysyn xxx.(ミナ キュシュン xxx)のように言って、多分「私が聞いてみるわ」と答えたのでしょうけど、最後の単語、myyjä(ミューヤ)「店員」につく語尾が違ったように聞こえたんです。私が言ったmyyjälleの-lleは「~に、へ」という意味があって、例えばプレゼントを「パイヴィ」あげるという意味で“Päiville”(パイヴィッレ)と言いますよね。それを応用したつもりだったのですが、なぜパイヴィさんは別の語尾を使ったのでしょう?それとも私の聞き間違いかしら?ハンナさん、この謎が解けますか?

ハンナ:トタ、トタ*1・・・わかったわ!

謎を解くカギは「動詞kysyäが求める語尾」よ!

 

ミチヨ:え?求める語尾?

ハンナ:結論から言うと、パイヴィさんはMinä kysyn myyjältä.(ミナ キュシュン ミューヤルタ)と言ったのではないでしょうか?

日本語だと「店員質問する」と言うのが普通ですが、フィンランド語の動詞kysyä(キュシュア)「質問する」は、-lta / -ltäという語尾を求めるんです。求めるというのは、「ある動詞と必ずセットで使われる語尾」という意味で言っています。-lta / -ltäは「~から」という意味で、先ほど言った文を直訳すると「私が店員から質問する」となります。ちょっとおかしいですが、これは日本語だから。フィンランド語ではこのように言うんです。

ミチヨ:あら、そうだったのね!確かに、日本語で考えると「店員から質問する」だなんて、逆の意味に捉えてしまいそう。

ハンナ:「答えを誰かから引き出す」と考えてはいかがでしょう?フィンランド語はそういう発想なんですよね。ちなみにこの-lta / -ltäという語尾は文法用語で「(だっ)(かく)」と言います*2。「kysyäが求める語尾は奪格」、「求めるものは奪うもの」というわけです。

ミチヨ:ふふふ、何だか言葉遊びみたい。フィンランド語と日本語の発想の違いを見つけるのも面白いかも知れませんね。これからも楽しく勉強していきます。ハンナさん、ありがとうございました!

 

謎は解決!次はどんな依頼が舞い込んでくるかしら?次回もお楽しみに!

 

*1 トタ(tota):日本語の「えーっと」に当たる語tuota(トゥオタ)のくだけた発音

*2 「(りかく)」と呼ぶこともあります