フィンランド語探偵ハンナ 第6回

Päivää(パイヴァー)!こんにちは!

日本は今年も暑い夏だったわね。フィンランドも近年は30℃を超える日が結構あるみたい。気温は日本の方が断然高いけど、フィンランドは電車や公共施設にエアコンがないところが多いから、日本より辛いかもね。ちなみに、フィンランド語で「暑い」はkuuma(クーマ)。25℃以上になると「猛暑」に当たるhelteinen(ヘルテイネン)と言うこともあるの。日本だと25℃は快適な気温なんだけどね。

さて、今日もフィンランド語の謎を解明しなくちゃ。ハンナならどんな難題も解決できるんだから!

さて、6回目の依頼人は、第1回で登場したユミコさんよ。

🔎Case #6:『オブジェクトNの変身』

ハンナ:こんにちは、お久しぶりね。元気にしてた?
ユミコ:はい。あれから本格的に留学の手続きを進めています。この前、夏休みを利用してフィンランドへ短期の語学研修にも行きました。
ハンナ:そうだったのね。じゃあ、フィンランド語にちょっとは慣れてきたかしら?
ユミコ:ちょっとずつですけど。研修の時に一般家庭にホームステイをさせてもらっていたんですが、今日はその時に浮かんだ疑問を解決したくて伺いました。
ハンナ:なるほど。どうしたの?
ユミコ:ホストファミリーとの会話で、どうしてもわからない表現の違いがあって・・・
(ハンナにメモを渡す)

ユミコ:(1)はホストファーザーが洗車を終えて家族に言った言葉です。「車を洗ったよ」という意味ですよね?
ハンナ:その通りよ。
ユミコ:でも、ホストファーザーが洗車している時に私が用事で話しかけたら、「(今は)車を洗っているから後で行くよ」みたいに言われたんですけど、その時に出たのが(2)の文です。(1)のauto(アウト)「車」にくっついてるnは日本語で言う「を」みたいなものだと思っていたんですが、(2)のautoにはaがついています。どちらも「車を」じゃないんですか?同じものを洗っているのに、なぜ「を」を意味する形が違うのでしょう?
ハンナ:この前は2つの「赤い」*¹で、今度は2つの「車」で悩んでいるというわけね。
ユミコ:そうなんです。ハンナさん、この謎が解けますか?

ハンナ:トタ、トタ*²・・・わかったわ!
謎を解くカギは「objekti(オブイェクティ)のN」よ!

ユミコ:オブイェ・・・?何ですかそれ?
ハンナ:ああ、ごめんなさい。ちょっとカッコつけてしまったわ。objekti(オブイェクティ)というのは、「目的語」を意味するフィンランド語よ。英語だとobject(オブジェクト)。ユミコさん、目的語ってわかるかしら?
ユミコ:はい!動作を受ける対象、例えば「私はパンを食べる」の「パンを」ですよね?
ハンナ:そうよ。(1)のように、「洗う」という動作を受けるのは「車」、つまりautoは目的語だから、それを示すnがついている。ここまでは理解できてるのね。じゃあ、(1)の時、車はどういう状態だった?
ユミコ:え?もちろん、洗い終わってきれいな状態でしたよ。
ハンナ:そうでしょうね。つまり車全体に「洗う」という動作が行われた状態。じゃあ、(2)の時、車はどういう状態だった?
ユミコ:ホストファーザーが洗っている途中だったから、部分的にはきれいだけど、おそらく汚れはまだ残っていたと思います。
ハンナ:そう、そこなのよ。(2)の場合、車を洗っている途中で、車全体には「洗う」という動作が及んでいないとも解釈できるわよね?
ユミコ:うーん、そうですけど、それがどう結びつくんですか?
ハンナ:ユミコさんは、目的語にはいつもnがつくものと思っているようだけど、動作がどのように行われているかで、nが違う形になることがあるの。(1)は「車全体を洗い終わった」からautoにnがつくんだけど、(2)は「洗車の途中で、まだ全体を洗い終えていない」からautoにはnがつかなくて、代わりにaという形がつくの*³。
ユミコ:へえー!じゃあ、nとaは動作の進み具合の違いを表すってことですか?
ハンナ:そう!目的語につくnって、実は他にも条件があるの。おっと、次の依頼人が来る時間だわ。またの機会に話すとするわね。
ユミコ:またわからないことがあったら相談させてください。同じものに対する2つの表現で悩まなくなるよう、今後も勉強がんばります。ハンナさん、ありがとうございました!

謎は解決!次はどんな依頼が舞い込んでくるかしら?次回もお楽しみに!


*1 「フィンランド語探偵ハンナ」第1回を参照
*2 トタ(tota):日本語の「えーっと」に当たる語tuota(トゥオタ)のくだけた発音
*3 文法用語ではnは対格形、aは分格形と言います。分格形は名詞の音によってa以外にも種類があります。

フィンランド語探偵ハンナ 第5回

Päivää (パイヴァー)!  こんにちは!
2019 年の 6 月に、白水社から『パスポート初級フィンランド語辞典』という新しいフィン・日辞書が出版されたの。 もう 買った人も いるかしら? 今までの辞書は、文章に出てきた単語の変化形から基本形(辞書の見出し語)にたどり着くまでに時間がかかることもあったんだけど、この辞書は変化形の一部も記載されているから、とっても調べやすくなったわ 。 巻末にテーマ別語彙集もついていたり、 学習者にはおすすめよ 。
さて 、今日 も フィンランド語の謎を解明しなくちゃ 。 ハンナならどんな難題も解決できるんだから!

さて、5 回目 の 依頼人は 、 第 2 回で登場した会社員のケンタさん よ 。 今回はちょっと難しい話になるかもね。

🔎Case #5:『隠された持ち主』

ハンナ:こんにちは。お久しぶりね。
ケンタ:そうですね。おかげさまでマイペースながらフィンランド語の勉強は続けていて、実は今度の夏休みにフィンランドへ旅行するんです。
ハンナ:それはいいわね!で、今日はどんなご依頼かしら?
ケンタ:今は、「AのB」みたいな所有表現を勉強し始めたばかりなんですが、そこでちょっと疑問がありまして。
(ハンナにノートを渡す)

ハンナ:(2)がわからないのかしら。
ケンタ:ええ。(1)のystävän(ユスタヴァン)のystävä(ユスタヴァ)は「友人」、最後にあるnは、日本語で言う「の」ですよね。だから、ystävänは「友人の」という意味で、(1)の訳は「それは友人の犬です」。ここまでは問題ないですよね?
ハンナ:そうね。
ケンタ:ところがある文章中に(2)のような表現があって、koiraにくっついてるniというのがわかりません。だから文の意味もよくわからなくて。独学だとこういうところで立ち止まってしまうんです。ハンナさん、この謎が解けますか?

ハンナ:トタ、トタ*1・・・わかったわ!
謎を解くカギは「niに隠された人物」よ!

ケンタ:隠された人物?やっぱり所有表現のnと関係があるのでしょうか?
ハンナ:さすがケンタさん、勘がいいわね。(2)のkoiraniのniは、「私の」という意味を持つマークなの。
ケンタ:え?この、最後にくっついてるniだけで?
ハンナ:そう!「私」、「あなた」、「彼」など、「人称代名詞」というもので表される人物が何かを所有する時、所有される名詞には「所有接辞」というものをつけるの。その一例が、このni。他にこんなものがあるわ。

ケンタ:ええと、じゃあ(2)はkoiraniが「私の犬」だから・・・「それは私の犬です」か!
ハンナ:その通りよ。
ケンタ:なるほど。あれ?でも、人称代名詞で「私の」みたいな形もありますよね?それは使われないんですか?
ハンナ:「私の犬」と表現するには、いくつかの方法があるの。minun koirani(ミヌン コイラニ)のように人称代名詞のminun「私の」が出てくる場合もあるけど、普通は人称代名詞を使わず所有接辞だけでkoiraniみたいに表すことが多いわね。話し言葉だと、mun koira(ムン コイラ)みたいに人称代名詞の形が変わって所有接辞が消えたりもするわ。
ケンタ:そうなんですか!所有接辞の出てくる条件は限られるけど、色々な表現があると使い方を間違えそうですね。
ハンナ:そうね。所有表現は細かく見るとなかなか一筋縄ではいかないけど、ケンタさんは語学の勘が良いようだから、もっともっと上達すると思うわ!
ケンタ:えへへ、褒められるとさらにやる気が出ますね。ハンナさん、ありがとうございました!
ハンナ:どういたしまして。Hyvää matkaa!(ヒュヴァー マトゥカー:良い旅を)

謎は解決!次はどんな依頼が舞い込んでくるかしら?次回もお楽しみに!


*1 トタ(tota):日本語の「えーっと」に当たる語tuota(トゥオタ)のくだけた発音