フィンランド語探偵ハンナ 第12回

Päivää(パイヴァー)!こんにちは!

フィンランドの民族楽器「カンテレ」って知ってるかしら?見た目はお琴みたいで、指で弦をはじいて演奏するの。実は私も趣味で時々弾いてるわ。ハープとオルゴールを足して2で割ったような癒しの音よ。気になる人はぜひ調べてみてね。

さて、今日もフィンランド語の謎を解明しなくちゃ。ハンナならどんな難題も解決できるんだから!

12回目の依頼人は、会社員のケンタさん。半年ぶりの登場よ。

 

 

 

🔎Case #12:『二者択一のすれ違い』

ケンタ:こんにちは。すっかりご無沙汰していました。

ハンナ:こんにちは、お久しぶり!フィンランド語はもうかなりできるんじゃない?だからここに来る必要がなくなったのだと思っていたけど。

ケンタ:いえいえ。仕事が忙しくてのんびりペースの学習なので、なかなか……。あ、でも実は昨年のフィンランド旅行で、フィンランド人と友達になれました!僕が現地でお世話になった日本人の方の知り合いで、日本のアニメが好きな女の子なんです。

ハンナ:まあ、いいじゃない!その子も日本に来ることがあるの?

ケンタ:そうなんです、先週遊びに来てくれました。その時の会話で、何だかおかしなことがあって……。

ハンナ:それで来たのね。どんなことがあったの?

ケンタ:はい、ここに会話をメモしたので見てください。マイヤというのが友人です。レストランで飲み物を注文しようと思って、コーヒーと紅茶どっちにするか聞いたつもりなんですが……。

ケンタ:最初僕が「コーヒーと紅茶どっちを飲む?」と聞いたのに、マイヤは「ええ、もちろん」とだけ答えました。僕の言ってることが通じなかったのかなと思ってもう一度聞くと、気がついたような感じで謝られたのですが、これってどういうことなんでしょうか?

ハンナ:確かに、どっちを飲むか聞いてるのに、おかしい答えだけど・・・ケンタさん、この会話は正確にメモできているかしら?

ケンタ:かなり自信があります。後でモヤモヤしたのもあり、よく覚えていますから。マイヤはボーっとしていたんでしょうか?そんな風には見えなかったんだけどな・・・ハンナさん、この謎が解けますか?

ハンナ:トタ、トタ*1・・・わかったわ!

謎を解くカギは「“または”の違い」よ!

ケンタ:はい・・・?どういうことですか?

ハンナ:ケンタさん、あなたのメモをよく見て。あなたは最初“Juotko kahvia tai teetä?”と言ったんでしょう?この“tai”(タイ)がすれ違いの始まりだったのよ。

ケンタ:え?でも、“tai”というのは英語の“or”と同じ意味、つまり「または」っていう意味でしょう?

ハンナ:そう、だからこそケンタさんは英語の“or”と同じように“tai”を使ったのよね。英語なら“A or B ?”みたいに、どちらかを選ばせる二者択一の質問も“or”を使って言えるから。でも、フィンランド語には2種類の「または」があるの。

ケンタ:2種類?!

ハンナ:メモの最初のように“Juotko kahvia tai teetä?”と言うと、「コーヒーや紅茶を飲む?」という意味で、二者択一の質問としては普通使わないの。「コーヒーと紅茶どっちを飲む?」って聞きたいなら“Juotko kahvia vai teetä?”と言うわ。“vai”(ヴァイ)は二者択一の質問に使うのが普通よ。

ケンタ:ええと、じゃあメモを読み返すと・・・そうか!マイヤは僕が「コーヒーか紅茶でも飲む?」と聞いただけだと思って「ええ、もちろん」としか答えなかったんだ!

ハンナ:そう!そして、ケンタさんが質問を繰り返したので、その様子から“tai”と“vai”を混同していると気づいたのね。

ケンタ:うーん、それにしても「ごめんなさい、コーヒーを飲むわ」って謝ることはないのに。その場で間違いを指摘してくれたら、後で悩む必要もなかったんだけど。

ハンナ:何言ってるの。そう答えたのは彼女の優しさよ。私だったらすかさず指摘するけどね。でも、そんなんじゃ甘いムードが壊れてしまうと思わない?

ケンタ:へ?あ、えーと、それは、どう・・・かなぁ。と、とにかく、謎が解けて気分が晴れました!ハンナさん、ありがとうございました!

謎は解決!次はどんな依頼が舞い込んでくるかしら?

次回もお楽しみに!

 

*1 トタ(tota):日本語の「えーっと」に当たる語tuota(トゥオタ)のくだけた発音

 

 

フィンランド語探偵ハンナ 第11回

Päivää(パイヴァー)!こんにちは!

フィンランドには、ちょっと変わったイベントがあるの。手ぶらの状態でギターを弾く動きを競う「エア・ギター選手権」に、ヘヴィメタル・ロックを演奏しながら編み物をして、その技術と独創性を競う「ヘヴィメタル編み物選手権」。この2つは世界大会で、日本人が優勝したこともあるから、知っている人も多いんじゃないかしら。

さて、今日もフィンランド語の謎を解明しなくちゃ。ハンナならどんな難題も解決できるんだから!

今回の依頼人は、第7回に登場した出版社勤めのサヤカさん。お友達をたずねてフィンランドへ行ってきたばかりなんですって。

🔎Case #11:『なぜあるのかNA?』

ハンナ:こんにちは、お久しぶりね。

サヤカ:そうですね。実は私、先月友人のアンナをたずねてフィンランド旅行をしたんです。当然日本よりは寒かったですけど、一週間とても楽しく過ごせて、絶対また行きたい!とアツくなりました。

ハンナ:まあ、それは嬉しいわ。フィンランド語学習のモチベーションも上がるわね。それで、旅行中に何か謎が生まれて今日来た、のかしら?

サヤカ:その通りです。ヘルシンキから、高速バスでトゥルク*1まで行った時のことです。トゥルクにはアンナが住んでいるので。

ハンナ:なるほど。それで?

サヤカ:ご存知だと思いますが、ヘルシンキとトゥルクの間にサロという町があります。もうすぐサロに到着する、という時に、運転手さんが“セウラーヴァナ サロ”とアナウンスしたように聞こえました。そこでおやっと思ったんです。

ハンナ:「次はサロです」という意味ね。何がおかしいと思ったの?

サヤカ:私はseuraava(セウラーヴァ)「次の」という単語なら知っています。でも、単に“Seuraava Salo.”(セウラーヴァ サロ)ではなく、“Seuraavana Salo.”(セウラーヴァ サロ)と聞こえたんです。私の聞き間違いなのか、本当にそう言っていたのかわからなくて。アンナにも聞きそびれてしまって、ご相談に来ました。細かいことですが、気になってしまって。ハンナさん、この謎が解けますか?

 

ハンナ:トタ、トタ*2・・・わかったわ!

謎を解くカギは「状態を表すNAよ!

 

サヤカ:あ、じゃあやっぱり「ナ」は聞き間違いじゃなかったんですね?

ハンナ:そう、サヤカさんのリスニング力はなかなかのものよ。フィンランド語には「~として、~の状態で」という意味を表す NAという語尾があるの。“Seuraavana Salo.”を直訳すると「次としてはサロです」みたいになっちゃうんだけど、よくある言い方なのよ。

サヤカ:ふうん。seuraava以外の単語にNAがつくこともあるんですよね?

ハンナ:もちろん。特によく使うのは、曜日や時間帯を表す時ね。例えば、「今日は日曜日だ」は“Tänään on sunnuntai.”(タナーン オン スンヌンタイ)と言うんだけど、「日曜日会いましょう」は“Nähdään sunnuntaina.”(ナハダーン スンヌンタイ)のようにNAがつくのよ。

サヤカ:そうか、うっかりしてるとNAをつけるのを忘れちゃいそう。

ハンナ:tämä talvi(タマ タルヴィ)「今冬」という表現も、“Tä talvena sataa paljon lunta.”(タ タルヴェ サター パルヨン ルンタ)「今冬は雪がたくさん降っている」のように使うわね。

サヤカ:そうなんですか。「タナ タルヴェナ」って、何だか韻を踏んでいるように聞こえますね。フィンランド語はラップが作りやすいかも?

ハンナ:あはは、そうかもね。

サヤカ:これからは、NAをつけて自然に話せるよう頑張ります!ハルナさん、ありがとうございました!

 

謎は解決!次はどんな依頼が舞い込んでくるかしら?次回もお楽しみに!

 

*1 フィンランド南西部にある都市。1819年まではフィンランドの首都だった

*2 トタ(tota):日本語の「えーっと」に当たる語tuota(トゥオタ)のくだけた発音