フィンランド語探偵ハンナ 第8回

Päivää(パイヴァー)!こんにちは!

日本は紅葉の季節ね。フィンランドの紅葉はもう少し早い時期で、10月には雪が降り始める地域もあるわ。

地面がぬかるんで歩きにくいことから、フィンランド語で「10月」はlokakuu(ロカクー)=「泥の月」って言うのよ。
ちょっと切ない語源ね。

さて、今日もフィンランド語の謎を解明しなくちゃ。
ハンナならどんな難題も解決できるんだから!

今日の依頼人は、第4回に登場した主婦のミチヨさんよ。

🔎Case #8:『行く先は最後まで確認すべし』

ハンナ:こんにちは、お久しぶりですね。フィンランド語の勉強はいかがですか?

ミチヨ:こんにちは。お隣のフィンランド人の奥様と、ちょっとだけフィンランド語で話せるようになってきました。
お互いの家を行き来して、私は彼女にシナモンロールの作り方を教わったりしています。

ハンナ:いいお付き合いができているようで何よりですね。
さて、今日はどういったご相談ですか?

ミチヨ:先日ご相談していた場所の表現も少しずつ覚えています。
「明日買い物に行きます」くらいのことは言えるようになりました。
ところが、また場所の表現で不可解なことに気づいたんです。

ハンナ:どういったことでしょうか?

ミチヨ:お隣の奥様がご旅行の計画を話してくださったのですけど、その時の会話を後で思い返したら不思議なんです。
これは、会話を思い出して書き留めたメモです。読んでいただけます?

(ハンナにメモを渡す)

********

********

ハンナ:お隣の奥様はパイヴィさんと言うんですね。

ミチヨ:はい。最初は彼女が海外旅行をするのかと思いました。それで尋ねたら、「東北へ行く」と答えが返ってきて。maa(マー)って「国」という意味ですよね?どうして東北へ行くのに「国」という単語を使ったのか、と後で疑問が残りました。
ハンナさん、この謎が解けますか?

ハンナ:トタ、トタ*1・・・わかったわ!
謎を解くカギは「行き先の最後の形」よ!

ミチヨ:最後の形?どういうことでしょうか?

ハンナ:ミチヨさん、maaという単語は確かに「国」という意味ですが、それだけじゃないんです。
この2つの文を見てください。

 

********

(1)Menen maahan.(メネン マーハン)

(2)Menen maalle.(メネン マーッレ)

********

 

ミチヨ:あら、maaについている語尾が違いますね。

ハンナ:そうです。(1)は「私は(その)国へ行く」という意味です。でも、(2)は「私は地方、郊外へ行く」という意味になるんです。maaにつく語尾が変わっているでしょう?それで意味の違いを表すんですよ。

ミチヨ:まあ!そういえば英語のcountryも「国」と「地方、郊外」という意味があるけれど、まさか語尾で意味の違いを表すとは思わなかったわ。

ハンナ:こういった単語はあまり多くはありませんけどね。他には・・・例えば、kahvi(カハヴィ)は「コーヒー」という意味ですが、”Menen kahville.”(メネン カハヴィッレ)と言うと、「私はコーヒーの方へ行く」という意味ではなく「私はお茶をしに行く」という意味になります。

ミチヨ:なるほど、そうだったの。じゃあ、パイヴィさんは「郊外へ行く」と言っていたんですね。

ハンナ:ええ。場所の形は最後まで確認することが大事ですね。これを機会に、決まった言い方として文で覚えてしまうといいですよ!

ミチヨ:そうね。今度地方へ旅行する時に私も使ってみようかしら。また相談に伺いますね。ありがとうございました!

 

謎は解決!次はどんな依頼が舞い込んでくるかしら?次回もお楽しみに!

 

*1 トタ(tota):日本語の「えーっと」に当たる語tuota(トゥオタ)のくだけた発音。

 

フィンランド語探偵ハンナ 第7回

Päivää(パイヴァー)!こんにちは!

フィンランド語は日本語と似た発音が多くて、時々日本語みたいに聞こえる単語もあるの。“ウニ”(uni:「夢」)、“スシ”(susi:「オオカミ」)、“ハナ”(hana:「蛇口」)とか。最近私が気づいたのは“アンタカー!”(antakaa:「~を与えてください」)。何だか怒られてるみたいね。

さて、今日もフィンランド語の謎を解明しなくちゃ。ハンナならどんな難題も解決できるんだから!

7回目の依頼人は、フィンランド人の友人を持つサヤカさん。今回は文法の話じゃなくて、とある単語の話よ。

🔎Case #7:『そこにアイはなかった』

ハンナ:はじめまして。今日はどういったご相談かしら?

サヤカ:えっと、私は出版社に勤めているんですけど、大学時代に短期研修でフィンランドに行ったのがきっかけで、フィンランド人の友人がいます。アンナって言うんですが、昨日彼女とビデオチャットをしました。

ハンナ:いいわね。お友達とはフィンランド語で話すの?

サヤカ:まだまだ勉強中なので、簡単な会話だけフィンランド語でするようにしています。それで、今回はどうにもわからない謎に遭遇してしまって。

ハンナ:謎、というと?

サヤカ:ビデオチャットの時、私もアンナも互いの自宅にいました。おしゃべりしていたら、画面の端っこにちょっとだけ男性が映ったので、「誰?」と聞きました。するとアンナは「彼は私の配偶者よ」と答えました。結婚したなんて話は聞いたことがなかったので「いつ結婚したの?」と聞くと「夫じゃなくて配偶者よ」と言うんです。訳がわかりません。もう一度確認しても同じでした。

ハンナ:うん?確かにわからないわね。その会話、フィンランド語でしていたんでしょう?ここに、その時のことをよーく思い出して、フィンランド語で書いてくれない?

サヤカ:わかりました。えーと、確か・・・

********

********

ハンナ:アンナさんは確かにこう言ったのね?

サヤカ:はい。「夫」を意味する単語が2種類あるというのは知っています。アンナの2番目の言葉にある単語から「私の」に当たる語尾*1を除いて言うと、mies(ミエス)が「夫」、avomies(アヴォミエス)が「男性の配偶者」という意味ですよね。だとしたら、アンナの言ってることは全くわかりません。アンナも私をからかうように「サヤカの勉強になるから自分で解決してね」と言う始末で。その上「もう出かける時間だからまたね」とチャットを終了してしまって、詳しい説明をしてもらえませんでした。それからこの謎が気になって仕方なくて。ハンナさん、この謎が解けますか?

ハンナ:トタ、トタ*2・・・わかったわ!

謎を解くカギはi(アイ)の存在」よ!

サヤカ:“i”?スペルってことですか?

ハンナ:サヤカさん、あなたはちょっとした勘違いをしているわ。それが大きな誤解につながってしまったのね。この2つの単語をよく見て。

aviomies(アヴィオミエス) ― avomies(アヴォミエス)

サヤカ:え?これって同じじゃ・・・?

ハンナ:やっぱり勘違いしてたのね。左のaviomiesは「男性の配偶者」という意味。右のavomies、つまりアンナさんが言ったのは「男性のパートナー」という意味だったのよ。配偶者とパートナーの違いはわかるわよね?

サヤカ:ええ、事実婚の相手ですよね・・・あっ!途中にiがあるかないかで意味が違うってことですか!

ハンナ:その通り。サヤカさんはavomiesをaviomiesの省略形か何かだと思っていたんじゃない?

サヤカ:そうです!フィンランド語は音を省略することが多いので、話し言葉の形なのかと・・・な~んだ、紛らわし~い!!

ハンナ:「i(アイ)がある方=“aviomies”が結婚相手」、と覚えたら?まあ、結婚していてもしていなくても相手にアイ(愛)はあるけどね!

サヤカ:あはは!ハンナさんおもしろーい!謎が解けてすっきりしました。また何かあったら相談させてください。ありがとうございました!

 

謎は解決!次はどんな依頼が舞い込んでくるかしら?次回もお楽しみに!

 

*1 「私の」を表すには名詞にniという語尾をつけます。この時、名詞の形も少し変わることがあります(mies「夫」→ mieheni「私の夫」)。

*2 トタ(tota):日本語の「えーっと」に当たる語tuota(トゥオタ)のくだけた発音