フィンランド語探偵ハンナ 第4回

Päivää(パイヴァー)!こんにちは!
pesäpallo(ペサパッロ)というフィンランド式野球があるの、知ってる?アメリカ式野球とはルールがだいぶ違っているの。ピッチャーはバッターのすぐそばで垂直にボールを放り投げて、それをバッターが打つ。走塁のコースやストライクカウントの方法も違う。こうなると、もう別のスポーツよね。
さて、今日もフィンランド語の謎を解明しなくちゃ。ハンナならどんな難題も解決できるんだから!

さて、4人目の依頼人は、カルチャースクールでフィンランド語を学ぼうとしている主婦のミチヨさんよ。

🔎Case # 4 :『 位置情報は正確に 』

ハンナ:こんにちは。今日はどんなご依頼かしら?
ミチヨ:最近 、 私の隣にフィンランド人の奥様を持つ方が引っ越してきたんです。とても
気さくな奥様なので、もっと親しくなりたくて、フィンランド語をちょっと勉強してみよ
うかなと思い立ちました 。
ハンナ:その方、日本語は話せないんですか?
ミチヨ:いいえ、上手なんですけど、 フィンランド語 を少し話したら喜んでくれるんじゃ
ないかと思って。 50 を過ぎて語学に手を出すのは無茶かも知れません けど 。
ハンナ:何かを始めるのに遅すぎるということはありませんよ 。
ミチヨ:そう 言っていただけるとうれしいわ 。 それで、カルチャースクールで勉強しよう
と思いましてね、一度体験レッスンを受けてみたんです 。 そうしたら、どうにも理解でき
ないことがあって・・・。これはその時のノートです。

ハンナ:2つとも「私は~にいます」という文ですね。
ミチヨ:そう、そこなんです。(1)のpostissa(ポスティッサ)は、posti(ポスティ)「郵便局」の変化形で、「郵便局に」という意味ですよね。だから最後のssaが「に」のような意味だと思ったんですけど、(2)のtori(トリ)「広場」には別の形、llaがついています。
ハンナ:なるほど。レッスンの時は何か言われましたか?
ミチヨ:文法より会話重視の短いレッスンだったので、詳しい説明はされませんでした。私もその時は気づかなくて質問もしなかったけれど、後で疑問がわいてきたんです。ssaとlla、同じ意味を表すのになぜ形が違うのかしら?ハンナさん、この謎が解けますか?

ハンナ:トタ、トタ*1・・・わかったわ!
謎を解くカギは「位置情報」よ!

ミチヨ:位置情報?郵便局や広場の情報が関係しているんですか?
ハンナ:はい。ミチヨさん、郵便局は当然建物があって、中に入ることができますよね。でも、広場というのは普通建物がなく、地面がメインというイメージでは?
ミチヨ:ええ、そうでしょうけど・・・。
ハンナ:フィンランド語というのは、「中」と「外」の区別を厳格にする言葉なんです。基本的に、postissaのssaは「中」に入ることができる場所につける形で、torillaのllaは「中」に入ることができない場所につける形なんですよ*2。
ミチヨ:まあ!そんな細かい区別があるの?
ハンナ:ええ。ですから、Olen postilla.(オレン ポスティッラ)とか、Olen torissa.(オレン トリッサ)と言うことは普通ないんです。ssaとllaだけでなく、場所を表わす語尾は全部で6種類あって、いずれも「中」か「外」かを区別しますね。

ミチヨ:そんな・・・覚えられません。
ハンナ:会話を重視したいなら、自分が使いそうなものから覚えていくのがいいですよ。お隣の奥様も教えてくださるでしょうし、間違えても誰も咎めたりしませんから気楽に、ね!
ミチヨ:それもそうね。ありがとうございます。問題が解決しただけでなく、楽しく勉強しようという気になれました!
ハンナ:語学には最低限の文法は必要ですが、大事なのは相手とのコミュニケーションですからね。

謎は解決!次はどんな依頼が舞い込んでくるかしら?次回もお楽しみに!


*1 トタ(tota):日本語の「えーっと」に当たる語tuota(トゥオタ)のくだけた発音
*2 このルールによらない使い方もありますが、今回は割愛します。
*3 「中へ」を意味する語尾は、場所を表す単語の音によって3種類あります。「母音」というのは、場所を表す単語の最後の母音のことです。

フィンランド語探偵ハンナ 第3回

Päivää(パイヴァー)!こんにちは!
フィンランドと言えば有名なのはムーミンだけど、原作はスウェーデン語で書かれたって知ってるかしら?そして、日本で親しまれているキャラクター名はフィンランド語だと全然違う場合があるのよ。スナフキン=Nuuskamuikkunen(ヌースカムイックネン)とか。
余談はこれくらいにして、今日もフィンランド語の謎を解明しなくちゃ。ハンナならどんな難題も解決できるんだから!

さて、3人目の依頼人は、北欧の教育に興味がある大学院生のカナさんよ。

🔎Case #3:『行方知れずの原形―KPTの暗号』

ハンナ:こんにちは。今日はどんなご依頼かしら?
カナ:私は今、大学院生なんですけど、北欧の教育をテーマに修士論文を書きたいと思っています。先行研究の多くは英語ですが、フィンランド語で書かれた先行研究も少し読んでおきたいので、勉強しながらちょっとずつ読んでいます。
ハンナ:フィンランド語の勉強を始めたばかりなのに、論文を読むなんて大変ね。
カナ:そうですね。周りにはフィンランド語のわかる人がいないので、辞書とにらめっこで。自分一人では限界があります。
ハンナ:先日の依頼人もそんなことを言ってたわ。
カナ:そうですか。独学の人って結構いるんですね。それで今日は、この単語の原形を見つけたくてハンナさんをお訪ねしました。
(ハンナにメモを渡す)


ハンナ:このアンダーラインの単語?
カナ:そうです。kirkossa(キルコッサ)の最後のssaは「~の中に」という意味を表す語尾、で合ってますか?
ハンナ:ええ、その通りよ。
カナ:これは文の一部ですが、lapset ovat kirkossaを訳すと「子供たちは???の中にいる」となるんでしょうけど、辞書でいくらkirkoという単語を探しても見つからないんです。それなりの語数がある辞書なのに・・・ハンナさん、この謎が解けますか?

ハンナ:トタ、トタ*¹・・・わかったわ!
謎を解くカギは「最後のK」よ!

カナ:最後のK?あの~、全く意味がわかりません・・・。
ハンナ:入門者なら無理もないわ。
フィンランド語の名詞に、日本語で言う助詞みたいなものがくっつく*²っていうことはわかってるわよね?
カナ:はい。kirkossaのssaですね。
ハンナ:そう。そして、名詞の変化形の一部は、語尾がつく直前の子音が変化することがあるの。それも、K, P, Tのどれかがある場合。
カナ:ええ?!
ハンナ:このルールを全部説明すると余計な混乱を招くだろうから、今はカナさんの依頼内容、kirkossaについて説明するわね。
カナ:あ・・・はい。
ハンナ:結論から言うと、これは「教会」を意味するkirkko(キルッコ)という単語にssaという語尾がついたものよ。語尾がつく直前の子音がkk、つまりKが2つある名詞の場合、語尾をつけるとKが1つ消えてしまうの*³。

カナ:へえ~。だから原形が見つからなかったのか。でも、なぜこんな変化が?
ハンナ:発音しやすいように音が変化したと言われているわ。kirkkossa(キルッコッサ)よりkirkossa(キルコッサ)の方が言いやすいでしょう。
カナ:う~ん、そう言われればそうかも。
ハンナ:kirkko → kirkossaのような、K, P, Tにからんだ音の変化を子音階程交替とかKPT交替っていうのよ。
カナ:シインカイテイコウタイ・・・聞いただけで難しそうですね。
ハンナ:語尾がつく直前のKPTに注意!と覚えればいいのよ。根気よく慣れていくのが最善の方法。
カナ:フィンランド語って本当に「世界一難しい言語」かも知れませんね。でも、論文を書き上げるために頑張って読みます!ハンナさん、ありがとうございました!

謎は解決!次はどんな依頼が舞い込んでくるかしら?次回もお楽しみに!


*¹ トタ(tota):日本語の「えーっと」に当たる語tuota(トゥオタ)のくだけた発音
*² 専門用語では格変化と言います。
*³ このような変化が起こらない語尾もあります。